空田の作業日誌

2010年8月10日 (火)

2010年第4回草むしり

平成22年7月29日(木)

Cocolog_oekaki_2010_08_10_15_58

天気:雨時々曇り

作業内容:畔の草取り、用水路の掃除

参加者:BOSS、ゆうたろう、連、めぐみ

記述者:めぐみ(Lotus cafe店長)

江戸川台の駅に9時に集合。

私は今回初めての草取りでした。

その私ですが、20分遅刻してしまいましたsad

そんなことはすぐに忘れ、空田に着いて立派に育っている稲に感動!!

田植えをして以来、BOSSはじめ、参加してくださった方々が今日まできちんと手入れをやっていたからですね。

ありがたや。ありがたやhappy01

早速、今日の作業に取りかかります。

田んぼの中にはもう入らず、土手(畔)の草取り。

稲の近くは手で取り、土手は機械を使って刈り取りました。

ボーボーになっていた草はきれいになりました。

その後は用水路の草取りfoot

ここをきれいにすれば田んぼにきれいな水が流れますsnail

今年の夏は暑いけど、「空米、元気に育ってねpunch


そこまで暑くなかった日でしたが、いい汗をかきましたrain

自然にふれて有意義な1日になりましたcancer

最後は毎回恒例の「麺ずクラブ」!!

ビールが旨い事beerbeer

おつまみ食べてラーメン食べて、もうホントわたし食べる事だ〜い好きnoodlericeball

帰りの電車の中は、そりゃあもう爆睡ですsleepy

寝る事もだ〜い好きhappy01

P.S. 今回初めて空田日誌を書きましたが、普段文章を書く機会が少ないので、また眠くなり、おなかがすきました・・・sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

2010年第3回草むしり

平成22年6月8日火曜日

記述者:荒川 淳一郎

作業内容:草むしり、かっぱぎ

天気:晴れのち曇り

気温:20℃

稲丈:15〜18センチ

参加者:9名 BOSS、荒川、大吾、麻央、ゆうたろう、あどちゃん、他3名

作業日報:

9:15予定通り空田に到着す。

9:30作業、かっぱぎを開始。

デッキブラシは稲間を入らないという理由から急遽手作業に変更。

まあ、これだけ人足があれば十分だ。

二手に分かれず田んぼ1枚ずつ作業していく。

手慣れたものだ。

初めて田んぼに入った人も、先人のやり方を見て、みるみるペースアップしていく。

10:30第2空田に着手す。

ここは水が少なく、ずいぶん作業に手こずった。

最初から田んぼに水を入れておけばよかったのだ。

13:00作業終了


最終的な感想は、稲が生長していない箇所が多く目についた事。

出来る限り補植はしたものの、時間が足りず全部は賄いきれなかった。

水があがった7月に補植されなかった箇所が稲が生長しているか否かが気がかりだ。

しかし、草むしりのタイミングにおいてはいい時期だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

2010年第2回草むしり

2010年6月27日火曜日

記述者/吉永政和(41)長崎県出身花嫁募集中


寝坊した上に道に迷って迷って、一時間も遅刻しましたが一年振りに来た空田は爽やかに稲が揺れてました

早速田に入りましたが、普段の生活では感じない土の感触が気持ち良く、まだ小さい雑草を気持ち良く抜いていく事が出来ました

虫の鳴き声も励ましとなり(?)、4人でしたがナカナカ良い仕事したかも!

所々深いトコロに嵌まって頭から転びそうになりましたが、なんとか終りました

そのアトの「麺ずクラブ」のつけ麺が旨かった事!

Bossごちそうさまです!

座敷を泥だらけにしてしまいましたが、爽やかな皆の顔で癒されました

しかし~帰りは眠くて眠くて大変(Bike‥)でしたがhappy02

、達成感がありましたな~

次回はあなたもっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年第1回草むしり

5月25日(火) 晴
 
記述者/イケダダーイケ

空田むかう為に朝7時に農民カフェに集合。

本日の作業は田んぼの草取り。

参加者はBoss、アンチさん、山下さん、イケダ。

アンチさんは現地集合の為、3人で流山へ。

田植えから約二週間たった空田には、うっすらと雑草が生えております。

稲も若干ですが成長が伺えます。

天気は快晴。

暑くもなく寒くも無い。気持ちのいい風がふいております。


さて、今回の草取りはそんなに草も生えていないことから、デッキブラシを使って、水に浮いてる草を土の中に押し込めてしまう作業がメイン。

これをやっておかないと、そのうち田んぼの水が浮草でびっしりになってしまうのだとか。

また、根付いている草は根を切って、田んぼの外へ。最初は第一空田、続いて第二空田へ。大体3時間くらいで草取り完了!!

アバウトながら、キレイになりました。

ところで、空田は凸凹しており、場所によっては水が深い所があります。その箇所だけ、植えた稲がまったく根付いておりません。

まあ毎年稲を補植しているわけですが、Bossいわく、まだ水が冷たい為、植えても根付かないので補植は次回となりました。

終わった後は行きつけの麺ずクラブで乾杯。大変気持ちのいい1日でした。

これからの稲の成長が楽しみです。

以上報告おしまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農書き


平成二十二年五月十日月曜日 くもり

~田植え~

なんだかんだの空田作業。


今年で九回目となれば兵(つわもの)総勢40名を超える東京農民集団は、流山の空田を目前に鼻息も荒く、飢えたイノシンのごとく、有機の土へと飛び込んでいった。


いやはやなんともたくましい。


その姿に微笑むのは私だけではないでしょう。


広角に地平線へと誘う緑と青のコントラストとディメンションは、可愛らしい「ウリ坊」たちのリズムと共に、小気味よいバイブレーションを生み出している。


アッパレ!


農の五線譜とも言うべき苗のメロディーは、田の空にこだましていたよ。


いわく、空田の名に、いや実にナイスなインプロビゼーションを表していました。


爽快!


昼を過ぎ、むすびと麦酒で祝杯。


間違いなく豊の一文字が天を翔めぐれば、ンモ~、ヒヒ~ン、コケッ!と農の獣たちも性欲を増し、恵みをもたらすは、明日の天気を占うより明らか。


参加の「ウリ坊」たちも農の「まぐわい」となり子だくさんの営みを拒むなかれ。


いやはやなんとも、空田の地場エネルギーには毎年やられっぱなしですな~、と田んぼマスターの吉田あちのアゴひげも、いつに増して上下に揺れておりました。


「めでたし、中出し」byエルマーより


農民代表 田鍬 満三郎 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

豊年聚楽祭

20081 20082
♪ひとつ天道様よ
有り難や 有り難や
ふたつ雨神様よ
有り難や 有り難や

かか(母)様や とと(父)様よ

豊年聚楽祭♪

とね。

有り難や、今年の“空米”大豊作となる。

稲刈りの朝、前日までのゲリラ豪雨が悪い夢だったかのように、秋の晴天に迎えられた。

総勢15名。

しかし空田は、田植え季のように雨水がはりっぱなし。
ぬかるみに足をとられ、稲刈りは難航をきわめた。

だが、途中から脱穀機が入ると、俄然ペースも上がり、見る見るうちに刈り取られ、昼には稲刈りも終了した。

秋とは言っても、陽射しはまだ夏。

熱中症寸前。

みな、滅多に太陽を浴びない夜行性にも関わらず、土まみれで頑張ってくれた!

感謝ピース!

来週には、龍神米“空米”の新米が下北沢“スロウダイニングTIBET TIBET”または“Lotus cafe”で食べられる事だろう。

今年の流山“空田”に参加してくれた“田んぼプレイヤー”をスペシャルサンクスとして紹介してお別れしよう…

SPECIAL THANKS

アンチケン
マロ
うしく先生
畑中ひろこ
畑中一馬
遠山樹里
清水裕実子
アンラッキー池田
渡邊綾
エルマー
相川英子
田辺久美
渡辺伸一
渡邉綾子
タマちゃん
やっさん
小澤英恵
山本祐巨
南くん
中谷陽子
藤上知穂
岡村奈津子
陣内圭
桜井達海
伊藤えみり

それに田んぼマスター“あち”さん。

来年まで、チャオ!アリベデルーチ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

進め!「百姓一気」(作業日誌)

82413ヶ月振りの“空田”は、実に、実に、力強く大地に根をはり、成熟の穂を傾けていた。

毎年慣例となっているバイクに跨りギターを背負って弾き叫ぶ“少年院ツアー”を、今年は全都道府県に拡大し、2ヶ月以上に渡って走り抜いた。

その間“アンチケン、うしく先生、マロ”の“田んぼプレイヤー”たちが、逞しく守り抜いてくれた。

そして我が“空田”の稲穂たちは、見事な成長で、それに応えたのだ!

我々はここに旗揚げする!

勇気無能役/国際農業愚連隊

“百姓一気”

を。

♪ひとつ天道様よ〜
ハァ、ありがたや、ありがたや♪

勇気を有機に変え、無能を無農薬に変え、立ち上がれ!

世界の“百姓一気”
ブラボー“空田”
8242

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

6/21(土)草むしり第3段(作業日誌)

6/21(土) 記述者:田んぼプレーヤー アンチケン

天気:雨~晴れ~曇り

気温:22度

参加者:アンチケン、マロ、畑中一馬(マロの息子)、ウシクセンセイ、山本ユウキ

作業工程:草むしり

日誌:

はっとした。

朝起きて、とっさに時計に目をやると時計の針は9時を指していた。

ヤバい!寝過ごした!!!!!!!!!!!!

田植え以来の寝坊。もうシャレにもならない。

携帯の画面には21件の「着信あり」の連打。

声も出ない・・・とにかくハリーアップ!!

さて、前置きはこの辺にして、気をとり直して作業日誌を。

空田、第3回目の草むしり。作業内容はひたすらカッパギです。

実際、私アンチケンが田んぼに到着したのが11時。

他の4名は9時前には作業を開始していた。

最初の空田を見た第一印象は、稲のたくましく成長した元気な姿。

力強く、緑も濃く感じた。ゆうに20センチはある。苗から稲へと成長をとげていた。

と同時に雑草も茂っていた。

やりがいがあるな。人数も少なかった事もあり、難航している様子だった。

ほんとに自然は気まぐれだな。昨夜の嵐のような雨から一転して昼には太陽を

のぞかせた。天からの恵みである。風も心地良い。

終わってみれば時間は、午

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

6/7(土)草むしり第2段(作業日誌)

チベットチベットとロータスカフェの常連の「まろ」が前回の草むしりの感想を書いてくれました。

アンチケンが作業日誌は書いてくれていたのですが、せっかくなので載せます。
    チベットチベット店長 荒川淳一郎


さぁ、行ってまいりました『空田』草取り第2戦。

今回も気持ち良く晴れ渡り、実に清々しい。
都会で染みついた有象無象が浄化されてくのがわかる。
う〜んこの感じ、やめられないねぇ

今回のメンバーは、草取り隊長あんち、タマちゃん、ハナちゃん、やっさん、牛久先生、そしてオイラまろです。

いつもながら空田に着くと、風に吹かれてゆらゆら揺れる苗KIDS達。
心なしか俺達が来た事を喜んでくれてるような、そんな温かい気持ちにしてくれる。
苗の背丈は水面から20cm位まで育ってきた。
なかなかしっかりと育って頼もしいね。


しかし、前回あんなにキレイにしたってのに、またしても大量に雑草がっ
まったく、この雑草ってやつは厄介だね〜
あっという間に増えてっちゃうな。


主に登場するのはクサビ型の葉を付けて水仙みたいに伸びるオモダカとコウホネ、そして節くれだってイモの根っこみたいに伸びて行くコナギだ。
こいつらは無農薬栽培の悪役スタメン雑草だ。

そうそうコナギね、こいつが育っちゃうと苗にからみついてホント厄介なんだよね。
去年もこいつには散々な目に遭わされたんだっけ
育っちゃった後で草取りすると、かがんで一つ一つ手で剥ぎ取る様にしていかなきゃいけないから、けっこう足腰に来るんだよね。
幸い今回はタイミング良かったのか絡み付いてるのは中心部の直径5〜6メートル位。
でも小ちゃいのが物凄い量あったから、まだまだ油断禁物。

やはりこの空田、農薬を全く使わないから雑草も俺達と同じくらい自由奔放
まぁ、雑草と難民で、俺達似た者同士ではあるが、可愛い苗のためだ、今日ここで成仏してもらいましょう。

南無阿弥陀仏〜


田んぼの中に一歩一歩踏み込んで、苗に気を使いながら、足で土を混ぜるように踏み込んで雑草を土の中に沈めていく。
細かい奴や手の届かないところはデッキブラシで深く沈めて行く感じで。
この田んぼに踏み込んで土を混ぜるのが、苗にとっては栄養が沢山とどいて良いらしい
みんなで田んぼ一面ぐるりと歩いたので土もしっかり混ざり、水温もほぼ均等になり実にイイ感じ。

田んぼマスターあちさんの話では、今年の空田はすこぶるコンディション良いってことだ。
「まだまだこの先、天候によってどーなるか判らんがすごく良い感じだなぁ」って言ってた

収穫期が楽しみだなぁ〜。
がんばれ苗達。


今後、5センチくらい水嵩を上げたいって事なんで決壊スレスレの畔も修復してきた。
オイラDayWorker、スコップ持たせりゃおてのもの。
力合わせて見事な畔を作り上げたさ
和気優の狂い咲きの詩2008、ツアー敢行中でなかなか人手も足りない中、俺達カルガモ隊が立派に空田を守ってみせるぜ


次回は6月21日、我こそはという猛者達よ、集え!『空田』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/7(土)草むしり(作業日誌)

記述者:アンチケン(田んぼプレーヤー)


6月7日(土)晴れ
気温:27度(体感30度)
参加者:アンチケン(田んぼプレーヤー兼チベットチベット、ロータスカフェ常連)
ウシクセンセイ(チベットチベット、ロータスカフェ常連)
マロ(チベットチベット、ロータスカフェ常連)
ヤッサン(チベットチベット、ロータスカフェ常連)
タマチャン(チベットチベット、ロータスカフェ常連)
ハナチャン(チベットチベット、ロータスカフェ常連)

作業日誌:

今回も、前回に引き続き、カッパギです。

今回は、べっぴん2名が加わり、作業が進む進む。

今日は天気もいいし、風も気持ちいいし、田んぼに足を入れた瞬間、「おおっ!これこれ!」って感じ。

そして田んぼの状態がベスト。

雑草も少なく、とにかく、稲が目立っていた。

畔の草刈りは、機械の経験のあるウシクセンセイに任せて、残りの4人はアンチケンの指示のもと、デッキブラシによるカッパギだ。

草刈り機の予備の燃料をこぼしてしまうというアクシデントに見舞われたが、まあなんとか、お昼には予定の作業は終わらした。

作業終了をアチさんに報告した所ところ、田んぼの水かさを5センチくらい増したい、とのこと。

ついては、畔が壊れて低くなっている箇所に土を盛る作業を追加した。

今日までいろんなバイトをして来たオレとマークンにとってこれしきは、お安い御用で。

あっと言う間に畔が完成。

1


2


Photo
こんな感じです。

いや〜今回もいい仕事したな〜。

次、来るのがまた楽しみだ。

テンション上がって、帰りに寄ったスカイラークで居酒屋状態。

Photo_21_3

Photo_3

見よ。この慣れた腰つき?

次回は、6/21(土)を予定しています。

ボス、あなたが居ない流山、空田。

しかし、確実に、育っているよ。

大丈夫だ。


空田に、初夏の香りを含んだ風が通り抜けた・・・ある晴れた空の下。

| | コメント (0) | トラックバック (0)