2010年8月10日 (火)

2010年第4回草むしり

平成22年7月29日(木)

Cocolog_oekaki_2010_08_10_15_58

天気:雨時々曇り

作業内容:畔の草取り、用水路の掃除

参加者:BOSS、ゆうたろう、連、めぐみ

記述者:めぐみ(Lotus cafe店長)

江戸川台の駅に9時に集合。

私は今回初めての草取りでした。

その私ですが、20分遅刻してしまいました

そんなことはすぐに忘れ、空田に着いて立派に育っている稲に感動!!

田植えをして以来、BOSSはじめ、参加してくださった方々が今日まできちんと手入れをやっていたからですね。

ありがたや。ありがたや

早速、今日の作業に取りかかります。

田んぼの中にはもう入らず、土手(畔)の草取り。

稲の近くは手で取り、土手は機械を使って刈り取りました。

ボーボーになっていた草はきれいになりました。

その後は用水路の草取り

ここをきれいにすれば田んぼにきれいな水が流れます

今年の夏は暑いけど、「空米、元気に育ってね


そこまで暑くなかった日でしたが、いい汗をかきました

自然にふれて有意義な1日になりました

最後は毎回恒例の「麺ずクラブ」!!

ビールが旨い事

おつまみ食べてラーメン食べて、もうホントわたし食べる事だ〜い好き

帰りの電車の中は、そりゃあもう爆睡です

寝る事もだ〜い好き

P.S. 今回初めて空田日誌を書きましたが、普段文章を書く機会が少ないので、また眠くなり、おなかがすきました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

2010年第3回草むしり

平成22年6月8日火曜日

記述者:荒川 淳一郎

作業内容:草むしり、かっぱぎ

天気:晴れのち曇り

気温:20℃

稲丈:15〜18センチ

参加者:9名 BOSS、荒川、大吾、麻央、ゆうたろう、あどちゃん、他3名

作業日報:

9:15予定通り空田に到着す。

9:30作業、かっぱぎを開始。

デッキブラシは稲間を入らないという理由から急遽手作業に変更。

まあ、これだけ人足があれば十分だ。

二手に分かれず田んぼ1枚ずつ作業していく。

手慣れたものだ。

初めて田んぼに入った人も、先人のやり方を見て、みるみるペースアップしていく。

10:30第2空田に着手す。

ここは水が少なく、ずいぶん作業に手こずった。

最初から田んぼに水を入れておけばよかったのだ。

13:00作業終了


最終的な感想は、稲が生長していない箇所が多く目についた事。

出来る限り補植はしたものの、時間が足りず全部は賄いきれなかった。

水があがった7月に補植されなかった箇所が稲が生長しているか否かが気がかりだ。

しかし、草むしりのタイミングにおいてはいい時期だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

2010年第2回草むしり

2010年6月27日火曜日

記述者/吉永政和(41)長崎県出身花嫁募集中


寝坊した上に道に迷って迷って、一時間も遅刻しましたが一年振りに来た空田は爽やかに稲が揺れてました

早速田に入りましたが、普段の生活では感じない土の感触が気持ち良く、まだ小さい雑草を気持ち良く抜いていく事が出来ました

虫の鳴き声も励ましとなり(?)、4人でしたがナカナカ良い仕事したかも!

所々深いトコロに嵌まって頭から転びそうになりましたが、なんとか終りました

そのアトの「麺ずクラブ」のつけ麺が旨かった事!

Bossごちそうさまです!

座敷を泥だらけにしてしまいましたが、爽やかな皆の顔で癒されました

しかし~帰りは眠くて眠くて大変(Bike‥)でしたが

、達成感がありましたな~

次回はあなたもっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年第1回草むしり

5月25日(火) 晴
 
記述者/イケダダーイケ

空田むかう為に朝7時に農民カフェに集合。

本日の作業は田んぼの草取り。

参加者はBoss、アンチさん、山下さん、イケダ。

アンチさんは現地集合の為、3人で流山へ。

田植えから約二週間たった空田には、うっすらと雑草が生えております。

稲も若干ですが成長が伺えます。

天気は快晴。

暑くもなく寒くも無い。気持ちのいい風がふいております。


さて、今回の草取りはそんなに草も生えていないことから、デッキブラシを使って、水に浮いてる草を土の中に押し込めてしまう作業がメイン。

これをやっておかないと、そのうち田んぼの水が浮草でびっしりになってしまうのだとか。

また、根付いている草は根を切って、田んぼの外へ。最初は第一空田、続いて第二空田へ。大体3時間くらいで草取り完了!!

アバウトながら、キレイになりました。

ところで、空田は凸凹しており、場所によっては水が深い所があります。その箇所だけ、植えた稲がまったく根付いておりません。

まあ毎年稲を補植しているわけですが、Bossいわく、まだ水が冷たい為、植えても根付かないので補植は次回となりました。

終わった後は行きつけの麺ずクラブで乾杯。大変気持ちのいい1日でした。

これからの稲の成長が楽しみです。

以上報告おしまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農書き


平成二十二年五月十日月曜日 くもり

~田植え~

なんだかんだの空田作業。


今年で九回目となれば兵(つわもの)総勢40名を超える東京農民集団は、流山の空田を目前に鼻息も荒く、飢えたイノシンのごとく、有機の土へと飛び込んでいった。


いやはやなんともたくましい。


その姿に微笑むのは私だけではないでしょう。


広角に地平線へと誘う緑と青のコントラストとディメンションは、可愛らしい「ウリ坊」たちのリズムと共に、小気味よいバイブレーションを生み出している。


アッパレ!


農の五線譜とも言うべき苗のメロディーは、田の空にこだましていたよ。


いわく、空田の名に、いや実にナイスなインプロビゼーションを表していました。


爽快!


昼を過ぎ、むすびと麦酒で祝杯。


間違いなく豊の一文字が天を翔めぐれば、ンモ~、ヒヒ~ン、コケッ!と農の獣たちも性欲を増し、恵みをもたらすは、明日の天気を占うより明らか。


参加の「ウリ坊」たちも農の「まぐわい」となり子だくさんの営みを拒むなかれ。


いやはやなんとも、空田の地場エネルギーには毎年やられっぱなしですな~、と田んぼマスターの吉田あちのアゴひげも、いつに増して上下に揺れておりました。


「めでたし、中出し」byエルマーより


農民代表 田鍬 満三郎 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

裸足でゴーゴー!


今朝もみかん(飼い猫♀一歳)に起こされた。

8時半か‥もちょっと寝よ…


おっと!
今日は、9時から空田の草取りでした!


Bikeに飛び乗り高速を飛ばしたのですが、迷いに迷って10時頃やっと到着。


遅れてすみません〓


青々としたちっちゃい稲が、清々しい三年ぶりの空田です。


先に作業されてる方々に挨拶して、奥の新しいたんぼの方に向かいました。


新しいたんぼは、なかなか手強い雑草が繁ってました。


三年前の草取りの時は、稲が雑草に飲み込まれる程生い茂ってました。


草というより木のようになってたのを思い出しました。


生えたての今なら比較的手入れしやすいでしょう。


‥とは言え、すでにしっかり根が張り易々とはいきません。


そこでBossのアドバイス、“大物だけ抜いて小さいのは踏む”を実践してみました。


なるほど!抜いていくより遥かに簡単です。


土の中でまた肥料になるし!


稲を踏まないように慎重に往復していきました。


少人数とあって、完全とはいきませんでしたが、シャキっとした稲を改めて見渡すと、晴れ晴れとしました。


今回三年ぶりの草取りとあって、かなり気合いを入れて乗り込んだのですが、副隊長マロさんのTシャツにブリーフという、素人には真似の出来ないいで立ちには負けました‥


終わってから、皆で食べたもつ煮定食の美味しいこと!


今のうちは踏むだけでも十分だと思います。


それほど重労働では無いので、是非次回の草取り参加しませんか〜

記述者/吉永 政和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

高柳淳の空田万歳!

高柳淳の空田万歳!
高柳淳の空田万歳!

6/14(日)AM10:00


空田にたどりつくと緑の絨毯が広がっていた!


30cmくらいに育ったかわいい稲たち。そして稲に戯れるように伸びた雑草たち…!


ちらちらと柔らかな薄日のさす午前中、我々空田戦士9名の第二次カッパギ大作戦は幕をあけた。


『踏まれても踏まれても雑草のように生きるんだぜ!』


な〜んて唄が昔あったが、いざその雑草を相手にすると予想外のしぶとさにこっちが折れそうになる。


稲に絡みつくように生えている奴らや、まるで稲の擬態のような奴ら。


生命の力強さは偉大だ。


私が担当した第二空田では地盤ががまだ慣れていないため、浅い一帯に雑草がジャングルのように覆い茂っていた。


稲を探すのも大変なジャングルで挫けかける我々第二部隊!


しかし部隊長アンチさんが発明した『秘技★フライ返し』により一気に形勢逆転。任務を遂行するに至ったのだ。


さすがベテラン!


帰り際、農薬と機械で慣らされた別の田んぼをみた。


科学の力で管理されている水田は雑草も生えておらず、気味悪いほど整然としていた。


空田はわたしたちが手足を使って育てるのだ!


お昼お約束のラーメン屋で乾杯★軽く日焼けて火照った体にビールが染みる!


労働の後はこの一杯がたまらんのだ。


空田万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

5/25(月)第1段草むしり

5/25(月)第1段草むしり
5/25(月)第1段草むしり
5/25(月)第1段草むしり
5/25(月)第1段草むしり
5/25(月)第1段草むしり
5月25日(月)

曇りのち晴れ

気温 25〜26度

そよ風

稲丈 15センチ位

参加者:ボス、荒川、りかぼう、キョウスケ、ジュン、アンチ、マロ、ゆうちゃん

総勢8人

作業時間:9時から12時

記述者:チベットチベット店長 荒川淳一郎


―――――――――

昨夜の台風みたいな雨がウソのようにやんでくれた。


朝方、下北沢を出発する時はずいぶんと冷え込んでいて、こりゃあ風邪ひくかも…なんて心配をよそに、見事に晴れ上がった。


今日の作業内容は「カッパギ」と「補植」です。


「カッパギ」とは水田の地表に早速生えてきた5ミリくらいの雑草たちをカッパぐ作業です。


まるでアイガモのヒレ足のように両手を使ってパチャパチャと雑草が根付く前に散らしてやるのです。


ここで力強い見方が「デッキブラシ」。


でこぼこな田んぼですが、水が張ってある場所はデッキブラシを使って「スイスイスーイ」って稲間を通します。


これだけでも70%のカッパギ作業ができる。


「補植」は田植えの時に抜けてしまった苗を植え直す作業です。


今年は去年より1枚増えて2反の田んぼだ。


総勢8人がかりで2手に別れての作業。

直接田んぼ集合組が下北沢集合組より30分ほど早く着いていたので、一足先に第1空田の作業を行なってもらい、後からの下北沢集合組は第2空田を着手した。


地表の小さい雑草をカッパギながら、手に取れる大きい雑草は田んぼの外に投げる。


遅れて来たキョウスケが持って来たビール休憩により、労働テンションが一気に上がり、あっという間に作業は終了した。


草むしりに慣れている人間が多かったせいもあり、今回はかなりクオリティ高い草むしり作業ができた。


この空田の田んぼ作業を経験してみたい「田んぼプレーヤー」は随時募集しております。

田んぼワークショップ「是空」 。


詳しくはチベットチベット、もしくはロータスカフェのスタッフまで。


追伸

田んぼ作業終了後は恒例のラーメンビールで乾杯。


この1杯がたまらん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

宇宙船“空田”発射!


今年で7回目となる“空田(くうでん)”の田植えが始まった。


薄曇りの空だが、心地よい風が吹く。

前日の記録的な猛暑なら熱射病は必至だが、今日は気温と言い、日射と言い、ベストな環境だ。

今年から田んぼの面積を倍にした。


以前、倍にして失敗した経験があるので腰を据えて望みたい。


面積と共に、人手も倍になった。


総勢30人近く。


小さな百姓たち。


第一空田、第二空田、二手に分かれて、イザ田植え開始!

初めて組が多いため、最初こそ手間取っていたが、後半はリズムをつかみ、短い休憩を挟んで一気に攻めた。


様子をみながら、草で覆われた畦を草刈り機でキレイにならす。


昼には、作業終了。

やはり、人数が多いと楽だね。

ビールで乾杯して、オニギリを頬張れば話題は既に稲刈りと新米の話し。


田んぼが始動すれば何もかもが始まる。


次回は“草取り”だ。


草取りと言う名の、果てしない宇宙が待っている。

必然的に、草取り宇宙旅行の参加者を募る。

今はただ宇宙船“空田”に乗り込み、夢を託すのみ。

5.

4.

3.

2.

1.

0

発射!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

2009年5月11日(月)田植え決定!!

今年ももちろんやります!待ちに待った田植えの季節です。


一般の参加者、大募集です。


連休明けのまさに休みずらい平日5/11(月)!

サラリーマン泣かせの強行日程です。


あなたがチベットチベットやロータスカフェで食べるお米「空米」をいっしょに植えませんか?


●5月11日(月)

●集合場所

・朝6時チベットチベット

・もしくは、東武野田線江戸川台駅に朝7時30分

●必須持物

・長袖、長ズボン

・雨具(カッパ)

・帽子

・タオル

参加希望の方は、

チベットチベット

03-5433-1565まで。


今年は、2反やります。

たくさん居れば居るほど助かります。


参加お待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«豊年聚楽祭